三井住友銀行カードローンの勤務先変更の連絡は必ずするべき?

三井住友銀行カードローンで申込み、契約を行い、実際に借入もした後になって、勤務先変更になるというケースもあり得るでしょう。三井住友銀行おまとめローンだけに限ったことではないかもしれませんが、返済というのは一般的に長期間にわたることも多く、その間に転職など勤務先変更になっても今の時代なんら不思議はないからです。
このように勤務先変更になった場合、三井住友銀行カードローンに必ず連絡をするようにしましょう。もし連絡を怠った場合、最悪のときは虚偽申請と見なされてカードローンの即時解約になる可能性もあります。そうでなくても、カードローンの限度額増額などの審査に差し支えることも予想されます。当たり前のことですが、転職をした場合、新たな勤務先における勤続年数はゼロから再スタートすることになります。カードローンの審査にある程度明るい人であれば知っていることでしょうが、勤続年数というのはカードローンの審査、限度額や金利を審査するにあたって非常に重要な情報になるからです。もちろん、年収が変わるなどといったこともあるでしょう。勤務先だけには限らず、申込み時に記載した内容から何か変更が生じた場合は連絡するのが原則となっています。
なお、原則として三井住友銀行カードローンから既に借りてしまっているお金については影響はありません。また、勤務先変更になった場合の新たな勤務先に対して在籍確認の電話が行われることもありません。