医療脱毛と毛抜き、痛みはどちらが強い?

身だしなみとして行わなければならないムダ毛の処理、自己処理方法として最もポピュラーなものといえば、やはりカミソリや毛抜きになるでしょう。カミソリは、広い範囲を一気に処理できるというメリットがあるので、まずはカミソリで第一工程を行い、次に剃り漏れを、毛抜きでピンポイントで処理をする、という二段方式で行っている女性も多いようです。しかし、こういった処理を頻繁に繰り返してしまうと、やがて大切な素肌には、消せないトラブルが現れ始め、体毛がなくなっていたとしても、人前には出せない状態となってしまいます。
肌を傷付けることなく、美しく仕上げたいならば、できるだけ早い段階で永久脱毛を叶えるに限ります。そのためには、エステサロンではなく、美容系のクリニックで医療脱毛を受けなければなりませんが、この施術では、かなり高い出力の出るレーザー照射を行うので、強い痛みが伴います。痛みには個人差はありますが、エステ脱毛よりは確実に痛い、ということは理解しておいたほうが良いでしょう。
医療脱毛おすすめのところでも、痛みは伴いますが、お手入れを受ける回数自体がかなり少ないので、通院ごとに慣れてくる、という声も多いですが、どうしても我慢できないという場合には、医療機関での施術なので、申し出れば麻酔処置も受けられます。この場合には、本当の無痛で施術が受けられるので、不安な方は相談して見ましょう。
最新レーザー機器では、皮膚を吸い上げ、広げて照射するものもあり、痛みがずいぶん緩和されているようです。安全性が高く、永久脱毛が可能となる医療脱毛は、メリットが多い素晴らしいものなので、痛みを心配するあまり躊躇するのは、あまりにももったいないでしょう。